Supporter

しさ

勝手におすすめ!梅田界隈豚骨ラーメン3選【入門編】

週1のラーメンは欠かせない。
そんなラーメン大好きな私が、みんなに食べていただきたいお店を勝手におススメしちゃいます。
まずは入門編としてラーメン激戦区「梅田」エリアにある豚骨ラーメン店の3店舗をご紹介します。
定番だけど侮れないお店ばかりです!ぜひご堪能ください。

[目次]

1.あまり知られていない一風堂の別業態。白丸のみの豚骨ラーメン「一風堂 SHIROMARU-BASE 梅田店」

有名ラーメン店が続々と新ブランドをオープン。本店とは違う、さらにこだわり抜いた味を楽しめるネクストブランドは見逃せません!
そこで、ぜひ食べていただきたいのが超人気店「博多一風堂」のネクストブランド「一風堂 SHIROMARU-BASE」。なんと「白丸元味」の原型でもある創業当時の特濃とんこつが味わえるのです。

場所は梅田のドン・キホーテの前にある有名な一風堂の2Fに佇む、隠れ家的にあるお店。お店の入り口も少し違うので、まずは入り口を探しましょう。

HWP FIVE梅田と一風堂
一風堂 SHIROMARU-BASE梅田店の入口

また、1Fの一風堂はかなり混みますが、2Fのシロマルベースはあまり存在が知られていないのか、混みにくいのでオススメ。店内も非常におしゃれで、女性の方でも一人で気軽に入りやすいと思います。ただ、基本メニューは白丸のみなので、カスタマイズできるとしてもご注意を。

一風堂 SHIROMARU-BASEの商品メニュー
一風堂 SHIROMARU-BASEのシロマルベース

定番のシロマルベース750円と替え玉100円を注文。
1985年に創業者が開発した豚骨スープを復刻し、提供しているようで、従来の一風堂の白丸とは違い、「超」が付くほどコッテリでもなく、臭みのない濃厚豚骨って感じ。表面に浮く背脂がさらにコッテリ感を演出しています。あとお茶がウーロン茶なのも地味にポイント高い。

一風堂 SHIROMARU-BASEのウーロン茶

一風堂はネギ・チャーシュー・もやし・きくらげがトッピングされていますが、シロマルベースはネギ・チャーシューのみとトッピングでシンプルです。一風堂ではできないカスタマイズができるようですが、私は一度もしたことがありません。紅しょうが・ニンニクは、店員さんに言えばもらえます。

一風堂 SHIROMARU-BASEとトッピング
ごちそうさまでした。

[店名]一風堂 SHIROMARU-BASE 梅田店
[住所]〒530-0017 大阪府大阪市北区角田町6-7 角田ビル2F
[電話番号]06-6363-2314
[営業時間]朝ラーメン 8:30〜10:59、レギュラー 11:00~24:00
[定休日]なし(年末年始のみ)
[駐車場]駐車場なし(隣に100Pあり)
[備考]博多一風堂 梅田店の2階
≫詳細情報

2.姫路が本店。カスタマイズが楽しいチェーン店豚骨ラーメン「ラー麺 ずんどう屋 梅田店」

ずんどう屋は姫路本店で、ここ数年で一気に店舗数が伸びている豚骨ラーメンチェーン店です。基本、セントラルキッチンでスープや麺などを製造しているので、どの店舗でも安定した味が楽しめます。ただ、店舗によって若干味が異なるので、それもまた醍醐味かなと。

東通り商店街

お店は、東通り商店街の中にありますが、手前にかの有名な「一蘭」がありますので、そのままスルーして「ずんどう屋」を目指します。

ラー麺 ずんどう屋 梅田店

この店舗では、食券を購入して、オーダーするタイプですね。
基本のラーメンは「元味ラーメン」820円。金額はやや高めです。ホームページを見ると、ラーメンの種類も沢山のっていますが、店舗によってマチマチかなという印象。
今回はライス100円もチョイスしました。ライスは大盛無料です。

ずんどう屋の特徴的なのが、

①麺の種類を「細めん」「ちぢれ麺」から選ぶことが可能。
②背脂の量を「あっさり」「普通」「こってり」「まみれ」の4種から選べます。

「あっさり」は背脂なし、「普通」は専用の器具で背脂を1杯だけいれる、「こってり」は2杯、「まみれ」は3杯みたいな感じだったと思います。
普段であれば、「まみれ」を食べるんですが、今日はあまり体調がよくなかったので、「普通」にしました。席に座ると食券を渡します。
すると、ずんどう屋の無料高菜が出てきます。これを大盛ライスにドカっとのせていただきます。

ずんどう屋の高菜ごはん

しばらく、高菜ごはんを食していると、ラーメンが着丼。

ずんどう屋ラーメンの背脂普通

今回は背脂の量を「普通」にしたので、見た目が普通ですが、「まみれ」にするとこんな感じ。

分かりますか?スープの上に背脂がプカプカ浮いているのが。でもこれがおいしいんです。(食後、当分しんどいですが)最後にラーメンに高菜を投入して、味変するのもオススメです。

ずんどう屋ラーメンを完食
ごちそうさまでした。

ずんどう屋は、入店時に「ようこそ!いらっしゃい!」と同時に言う店舗が多かったり、元気で楽しいお店です。近くに店舗があれば是非一度足を運んでみる価値ありです。

[店名]ラー麺 ずんどう屋 梅田店
[住所]〒530-0027 大阪府大阪市北区堂山町2-10 K1ビル1F
[電話番号]06-6585-0484
[営業時間]24時間営業
[定休日]無休
[駐車場]駐車場なし
≫詳細情報

3.お初天神で人気の泡系豚骨ラーメン「しぇからしか 梅田店」

お店は、曽根崎お初天神通りの真ん中らへんにあります。

曽根崎お初天神通り

「しぇからしか」って福岡の方言で「うるさい・騒がしい」といった方言だそうです。

しぇからしか 梅田店の入口

暖簾をくぐったら先に食券を購入し、その後入店という流れ。

しぇからしか 梅田店の食券機

メニューはシンプルで、豚骨ラーメンのみ。お好みでトッピングをつける方が多いそうです。
今回は、ラーメン(680円)+替え玉(120円)で。食券は現金購入のみなのでご注意を。
着席すると、食券を見せて、麺の硬さを聞かれるので、是非「バリカタ」をチョイス。

しぇからしかの豚骨ラーメン

ほどなく、ラーメンが到着。
獣くさい感じもありますが、臭すぎず。チャーシューは豚バラを茹でただけなのか、非常にあっさりしています。卓上には、大量の紅しょうがと白ゴマ・コショウなどが置いてあるので、替え玉の際に、味変をして2杯目も楽しめます。個人的には、白ゴマと紅しょうがを大量に入れるのが大好きです。

しぇからしかの豚骨ラーメンに白ゴマと紅ショウガのトッピング

ごちそうさまでした。

ちなみに最近、近くに「一幸舎」というラーメン屋もできました。
チェーン店ですが、泡系豚骨としてはおいしいので、こちらもオススメ。

[店名]しぇからしか 梅田店
[住所]〒530-0002 大阪府大阪市北区曽根崎2丁目11-22 高橋ビル1F お初天神商店街内
[電話番号]06-6311-3523
[営業時間]月~土曜日 11:00~翌3:00(定休日:日曜日)
[席数]カウンター15席
[駐車場]駐車場なし
≫詳細情報

一蘭ラーメンとOsaka Bobこってり派もあっさり派も大満足。 大阪のおすすめラーメン店5選!

Supporter

しさ

掲載内容は配信時のものです。現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

マップ上の表記はMap Tilerの仕様に準拠します。実際の地名とマップ上の表記が違う場合があります。

この記事で紹介されたスポット