Osaka Travel guide

Osaka Bob Family

Bob's PARTNER

OsakaBobと一緒に大阪を盛り上げましょう!

こんな活動をしている、こんな素敵なことを知って欲しいなど、皆さんが大阪でがんばっていることをOsakaBobと一緒にアピールしませんか。
OsakaBobは大阪で活躍する企業さまをビジネスサポーターとして一緒に盛り上がり、世界へ大阪を発信していきます。
ーBob family WORKS

bob's partner

Pick Up

在宅勤務のデメリットを解消!お洒落なコワーキングスペース32PARADOX まいど!Osaka ボブです。 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ手段として、在宅勤務やテレワーク、リモートワークが浸透してきたね。もちろん、あらゆる仕事でできるわけと違うけど、企業や働く皆さんの工夫もあって多くの企業が導入してる。 でも、「自宅のデスクだと仕事に集中できない」「ずっと家にいると気分が滅入る」なんて声もちらほら。 そんな自宅勤務のデメリットを解消したい人のための仕事スペースが大阪にあるんや。

異なる職種の人とコミュニケーションも

コワーキングスペース32PARADOXの内観 JR大阪環状線の大正駅から徒歩約2分にある
32PARADOX。ここは異なる職種の人たちがオフィス環境を共有するコワーキングスペースで、自宅での仕事に煮詰まったり、気分転換したいって利用者から人気やねん。リモートワークができる場所って個室のイメージがあるけど、32PARADOXは利用者同士が気軽に会話できるのが大きな特長。自分とは全然違う仕事をしている人とコミュニケーションすることで、新しい発想が生まれたり、協業できるパートナーを見つけてほしいと考えられて作られたらしいよ。集中して働きたいときはカウンター席で、くつろぎたいときはソファで。気分に合わせて自由に働く。うん、これは仕事がはかどりそうだ! ハワイをイメージした空間がいいよね!コーヒーもハワイ原産のコーヒー豆らしい☺

外観や内装は今、話題のルイーゼオノのペイント!

外観や内装の絵は、今話題のルイーゼオノが直接壁にペイントしたもの。鮮やかな色彩と“成長”をテーマにした、植物の生い茂るような波の流れ、自然界にあふれるエネルギーを有機的な線で表現したんやって。芸術に詳しくはないボクやけど、すごくカッコイイことは分かる!!実際、来店する人の8割が外観を見た人なんやって! 大阪大正区コワーキングスペース32PARADOXのアートな外観 コワーキングスペース32PARADOXに併設されているフィットネスジム あと1階はジムになっていて、高品質なトレーニングマシンで汗を流すことができる。フィットネスフロアもあるなんて、最高の職場やね!どう?ここで働くメリット感じない?? 料金はフィットネスを24時間365日、コワーキングを全日いつでも利用できる32MEMBERSが月18,700円。もちろんコワーキングをいつでも利用できるプラン、スポット的に利用するプランなどもあるから、興味がある人はぜひチェックしてみて!(https://32paradox.com/price/) ボクもここで働いてみたいなぁ。 ………………………………………… 32PARADOX 大阪市大正区三軒家西1丁目8−22 TEL : 06-6537-7632 …………………………………………

2021.05.19Likes 5

Article
大阪人も、OsakaBobも大好きなアメちゃん!甘酸っぱくジューシーな「パインアメ」 大阪にはめっちゃおいしい自慢の飴があるねん。その名は『パインアメ』! 大阪人が子どもの時から親しんでる果物パイナップルの味は“パインアメ味”なんやで。“パイナップル味”ではないらしい。 パインアメといえば、あのパインカラーと穴が開いてるキュートな見た目を思い浮かべるよね。もちろん、これが一番の特徴やけど、よーく見るとパイナップルの輪切りのように筋が入っている。このリアル感とこだわりが素敵でキュンとする◎◎ OsakaBobの友だちでもあるパインアメくんについて、大阪の飴事情にも触れながら、紹介させていただきます! パイン株式会社の人気商品パインアメ

[CONTENTS]

◎大阪の飴事情!アメちゃんはコミュニケーションツール

飴の起源は古くて、なんと700年前の奈良時代にはあったらしい。江戸時代には「天下の台所」と呼ばれて食材が集約していった大阪は、貿易による砂糖調達も早く、飴の原材料が豊かで飴生産に積極的だったんだね。そのため、大阪は飴の専業メーカーが多いことで有名なんだよ。 大阪では飴のことを「アメちゃん」って呼んで親しむ文化がある。これだけで大阪人にとって飴が身近で、親しみのあるツールって感じがするよね。ソース味など濃い料理の口直しにはもちろん、お店のレジ横においてあったり、タクシーの運ちゃんはティシュと一緒に配ったり。おしゃべり好きな大阪人たちが、飴をコミュニケーションのツールとして配りながら、サービス精神も磨いていったんやね。

◎大阪のおばちゃんとアメちゃんの関係!

日本では大阪のおばちゃんたち全員が「アメちゃん」を鞄かポケットの中に忍ばせていると思っているふしがあるんよ。そして、みんなが思っている以上に大阪のおばちゃんたちは「アメちゃん」を持っているらしい。どっかの新聞社が100人以上のおばちゃんへ飴を持っているかアンケートをしたら、約60人のおばちゃんが実際に持っていたそうで。 100円程度の1つの袋に個包装でたくさん入っているし、手軽で日持ちもするお得感から、大阪のおばちゃんの必須アイテムになったんやね。 大阪の女性が飴を持っている確率を表すグラフ そして、そんな大阪のおばちゃんたちが愛する「アメちゃん」のアイドル的存在が『パインアメ』!! でも大阪のおばちゃんだけでなく、パインアメのすごいところは全国の若者にも愛されているところ。甘酸っぱいジューシーで爽やかな味は若者たちにもウケがよく、なんといっても見た目のビタミンカラーのフォルムは年齢や性別関係なくテンションがアガる!

◎Osaka Bobの友だち、パインアメくん!

パインアメと遊ぶ大阪ボブのイラスト 人気者のパインアメくん、Osaka Bobとは大阪で出会った友だち!SNSでは何回か登場してもらっているよ。 実はパインアメくん、Bobよりずっと先輩なのである。なんとパインアメの発売から70年以上も経っているらしい。めっちゃロングセラーや! パッケージデザインも発売当初から時代とともに変化し続けているんです。 [caption id="attachment_7638" align="aligncenter" width="800"]パインアメパッケージの変遷 パインアメパッケージの変遷[/caption] 作ったのは大阪の会社で、大阪市天王寺に本社があってその名も『パイン』。パインアメはもちろん、会社名もパインって、かわいい♪

◎SNSでも大人気、そのプロデュース力

パインアメの【パイン株式会社】
のTwitter公式アカウント パインアメくんはとても行動的で、そのプロデュース力は目を見張ることばかり。SNSは毎日熱心に楽しい情報を発信しているけど、なかでもTwitterはとってもいい!なんとフォロワーは約15.2万人!! 思ったことを素直に伝えて、文末には「お昼だパイン」「がんばりまスー」とパインアメならではの遊びごころいっぱい。「◎」をパインアメにしているのもキュンや!とってもチャーミングなコメントばかりなので、ぜひ見てほしい! Twitter @pain_ame https://twitter.com/pain_ame

◎売れる!パインアメコラボが広がる

パインアメ味はみんなに慕われるものだから、飴にとどまらず、バリエーション豊かに続々とコラボをしているよ。食べ物や飲み物だったらソフトクリーム、アイスクリーム、キャラメル、ポップコーン、お酒…などいっぱい!それ以外でも、バブルバスに洗顔?!リップクリームやソックス、ふきんなどなど。 パインアメのコラボ商品 [caption id="attachment_7638" align="aligncenter" width="800"]パインアメとフエキのコラボ商品フエキ×パインアメのコラボ商品[/caption] 〈パインコラボ商品〉https://www.pine.co.jp/secret/collaboration/ パインアメとコラボしたら、爽やかなイエローと香りで、愛らしい商品になってしまうんだから、すごい!そりゃ、ヒットするわ。 でもなんていっても、パインアメそのものの味はもちろん、キャラクター的な愛らしさがブレていないのが強みで、それでいてとてもクールなのがいいんやろね◎◎◎

◎8月8日が記念日!大阪代表として人気は続く

8月8日は「パインアメの日」だそうだ。記念日まで作ってしまうなんて! 夏の果物であるパイナップルから真夏の8月、そして、8月8日にすると◎が4つも入っているからって。覚えてしまった◎◎◎◎ そうそう!コロナで世の中が飛沫感染を恐れている中、パイン株式会社がパインアメの真ん中が開いている穴があることで、笛として吹こうとする人に「吹かないで」って呼びかけをしたらしい。でも、これ最初から吹く飴でなく「鳴らないアメ」なんだけど… 人気者は大変やな… Bob的にはその人気がうらやましい。 口に入れれば果物パイナップルを想像するような甘酸っぱさが広がる☆ 誕生70年のキャッチコピーである「パインアメをのぞくと見える向こう側は未来です」は、こころにも響くよね◎◎ いつも変わらない大人気パインアメは今日も、これからも変わらず、誰かの口をジューシーで元気にしているんやろね◎ 上から撮影したパインアメ 〈パイン株式会社〉 https://www.pine.co.jp/ ▼この記事を読んだ人におすすめの記事
大阪の雑学【OSAKA 雑学】とっても個性が強い大阪ならではの話が盛りだくさん!
大阪の雑学日本人なのに伝わない!? 大阪あるある雑学

2021.06.08Likes 6

Article
[工場長が行く!Vol.1]大阪府民の為の大阪土産「天満天神MAIDO屋」さん みなさんはじめまして。 安心安全の個別包装。寄付にもつながる「大阪マスク」を製造している工場長です。 大阪マスクを販売してくれる販売店を紹介する「工場長が行く」シリーズ始めました。

●あぁ、なにゆえ工場長のわたくしが記事を書くのでしょう

さて、MAIDO。さんにて私が今記事を書いているのには少し事情がございます。 社内では我々が展開する「大阪マスク」を様々な人たちに知ってもらうにはどうすれば良いのか?みたいな会議がしょっちゅう行われているわけなんですが、その中で「なんか記事書いたらいいんちゃうん?」って話になりましてですね、ここ「MAIDO。」さんのチカラを存分にお借りしよう!という運びになったわけなんですが、私が任命された記事が第4回目の投稿に決まったわけなんです。 先述したとおり、私普段は工場にて切磋琢磨しておるわけで、勿論工場の紹介文なんかをちょちょいのちょいと書きなぐって、さっさと終わらせようと思うわけじゃないですか。 それでキーボードに向かっていたんですが、その時です。会社より連絡が入りまして 「あ、記事の内容は1回目マスクの紹介、2回目は工場紹介、3回目は販売店募集の記事になりますので4回目の内容はおまかせします」 はぁ? いや、ちょっとまってください。普段工場で勤務している私が一番工場の紹介出来るんちゃうん?あなた達はぬくぬくと事務所でカタカタやってるだけでしょ?なんでやねん? 事件は会議室で起こってるんじゃない!現場で起こってるんだ! と憤ったのですが、どうやら現場は会議室で決められているようでして、そこは私もサラリーマン。働く日本のお父さんなので「はい!かしこまりました!」と二つ返事で返してやりました。 まぁ書く内容も自由だとのことですし、毎日室内で籠もっているのも健康的では無いので陽の光を浴びるついでに販売店の紹介記事でも書こうかなーとなりまして今に至るわけです。 マスクの説明なんて最初の二行で終わっちゃいましたしね。 記念すべき工場長の第一回目の記事ですので、どこにしようかなぁと悩んでいたのですが、ありました!ここ「MAIDO。」で紹介するのにピッタリな店舗! その名も 「天満天神MAIDO屋」さん

●商店街入って左にピッと曲がってバーって行ったら左手にバンにある天満天神MAIDO屋さん

天満天神MAIDO屋 いやーぴったり過ぎますやん!MAIDO。でMAIDO屋の紹介記事! いったいどっちが名前パクったんでしょうか?そこは追求するとMAIDO。さんからもMAIDO屋さんからも出禁くらいそうなのでやめておきますが、まぁ大阪人からすれば「まいど!」ってワードは親近感わきますよね。 大阪では男性は40歳を超えると電話で「もしもし~」の代わりに「まいど!」としか言えなくなる病が蔓延してるくらいありふれたワードでございます。※大阪マスクでも防げません。 さて、こちらのMAIDO屋さん。場所は天神橋2丁目にあります。 ちょうど大阪天満宮の真裏あたりで、モダンで且つ懐かしさを感じる外観は特徴的ですぐにに見つかると思います。 大阪風にいうと天満宮の寄席やってるところらへんから商店街はいって左にピッと曲がってバーって行ったら左手にバン!って出てきます。 話を聞くと、そもそもはトロフィーを扱う会社だったみたいですが、観光地として天神橋筋商店街が認知され始めてきた10年ほど前に「今の普通の商店街(当時は日曜休みの店も多い)じゃせっかく来てくれた人がもう一回来たいと思ってもらえない!」と一念発起しオープンさせたそうで、「大阪の人に大阪産ってこんなに良いものあるんや!って発見してもらえる店」のコンセプトでやられています。

●女将イチオシ「天満切子」

天満天神MAIDO屋の女将さん ▲こちら女将の赤尾さん さて、お店の一番のおすすめは?と聞くと 「そら天満切子やわー!」と即答されました。 特徴は横の部分のカットがU字になっており(蒲鉾掘りというみたいです。)底面に施した星型のようなカットが側面に映り込むことで光の反射がまるで万華鏡のようにキラキラと美しく輝き、見るものを飽きさせない造りになっている点だそうです。 光の反射が美しい天満切子 天満切子のカット部分 とても綺麗な天満切子 写真がプロっぽく撮れないのであんまり伝わらないですが、本当に綺麗でした。 是非実物を見てほしい! 他にも特徴がございまして、この天満切子は他の江戸切子や薩摩切子といった超が付く程有名な切子グラスと違って「使って楽しむ!」ことなんだそうです。 その超有名な切子たちは主に観賞用とされているそうで 「なので他と比べ値段もリーズナブルなんですよ!」と女将 いやいや、値段見てくださいよ。2万円ですよ2万円。こちとら普段から第三のビールか本物のビールかを悩まず第三のビールを選ぶ猛者ですよ。 2万円もするロックグラスにディスカウントスーパーによくある「大○郎」とかいうアル中製造するために生み出されたのではないか?みたいな焼酎を注ぐわけにはいけません。 江戸とか薩摩とか言ってる場合じゃない。 そこはきっぱり漢らしく 「はは…そうです…よ…ね…」 と会話をぶった切ってやりましたよ。 いつかこのロックグラスが似合う漢になってやる(涙)

●続・女将イチオシ「フライパンジュウ」

そして、今女将が一押しの一品がコチラ。 とっても便利なフライパンジュウ 八尾の藤田金属さんが製造されている「フライパンジュウ」。 フライパンがそのままお皿になるといった優れもの。 フライパンがそのままお皿になるフライパンジュウ こんな感じで取っ手をつけて 取っ手が取り外し可能なフライパンジュウ こうやってつかえます。 便利なのは勿論、見た目がすっごくおしゃれなので出来る男を演出したい人は是非! これが部屋にあるだけで「イヤン!出来る男!ポッ♥」となること間違いなし! アウトドアにも使えそうですね! この藤田金属さんの商品は他にもあって 藤田金属さんの商品 水受けのお皿がいらない鉢や 持ち運びが出来るランプ 持ち運びが出来るランプ。 電池式なのでこれもアウトドアでも使えそうですね! 無骨なデザインでおしゃれな藤田金属さんの鍋敷き 鍋敷きも 先程のフライパンを使う時に併用してください。真ん中がくり抜けてコースターにもなります。 とまぁ無骨なデザインでおしゃれなものばかりです。

●素晴らしい大阪産(おおさかもん)がいっぱい!

あとMAIDO屋さんでは本当にいろんな商品があるんですが、商品毎の産地がわかりやすくポップで紹介してくれてます。 MAIDO。屋さんにある大阪産(おおさかもん) こんな感じで大阪のどこで作られた「大阪産(おおさかもん)」なのかがひと目でわかります。 また、女将さんに「○○(地名)で作られたものある?」って聞くと「これ!」と即答してくれるので皆様がお住まいの街の素晴らしい商品がきっとみつかるはずです。 私も住んでいる場所から徒歩数分の場所で作られているアメちゃんを見つけました! MAIDO屋さんの商品 こんなん作られてるとは知らんかった…。

●イベントもやってる天満天神MAIDO屋さん!

また、MAIDO屋さんでは定期的に大阪を知ってもらうといったイベントを開催しているそうで、コロナ禍に入りこの1年以上出来なかったみたいですが、この7月についに復活するそうです。 記念すべき復活第一弾は、大阪にある6つのワイナリーをめぐるイベントで、初回7月は河内ワインさん。8月はカタシモワイナリー、9月は仲村ワイン工房さんと続くそうです。 詳細は店舗で確認してみてください! まぁ実は僕も何を隠そうイベント運営の会社の人間でしたので話に花が咲きました! 僕「大阪知ってもらうイベントですかー!良いですねー!あ、あれとかどうですか?大阪七墓巡り!」 女将「墓?なんですかそれ?」 僕「知らないんですか?大阪の七つの大きな墓を巡るツアーです!江戸時代に大流行したんですよ~!」ドヤ顔 女将「はぁ…?何のために…?」 とドン引きさせて来ました! 大阪にお住まいの方も大阪以外から来られる方もきっと新しい大阪が見つかる素敵なお店。 大阪天満宮すぐ近所の天満天神MAIDO屋さんに「MAIDO。で見た!」と言っても何の特典も無いですし「は?」となるだけですが行って言ってみてください。 ちなみに陽の光を浴びる口実に出かけたのに取材当日は雨でした。

2021.08.13Likes 2

Article

ビジネスサポーターに登録してオリジナルのページをつくろう!

ビジネスサポーター登録

リクエストPOST

大阪のステキな情報を教えてください!
こんな場所を取材してほしい!こんな情報が知りたい!など
リクエストお待ちしております!